腰痛

熱い看板。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

本日は、40代後半の女性が福井県からお見えになりました。

訴えは、腰痛右足先のシビレ首の痛み手の関節の痛みと腫れです。

介護のお仕事に就いておられ10年前より腰痛を発症。整形の先生のMRIでの診断は「腰椎4番・5番のヘルニア」ということでした。特に内臓の持病もなく一通りの治療についての説明を終え、仙腸関節のAKAを行いました。約5分で治療を終え痛みの場所の確認をお願いしました。最初、痛みの為に引きずっておられた左足をかばうことなく普通に歩行できるようになった事実は客観的にも確認できましたが、驚いたことに足のシビレも首の痛み(本人曰くあまり首をぐるぐる動かしたくない状態、)へバーデン結節と診断を受けていた手の指の関節の痛みが消えました。強調したいのは手指の痛みと首の痛み、足のシビレ、勿論腰の痛みが5分の骨盤の治療で治ったことです。ただし、現在も介護の仕事を続けられている故しばらくは症状の再発は避けられそうにはありませんが、治療を続けることで症状の再発は、起こらなくなるか、症状が再発しても自然治癒しやすくなります。

今日はこの辺で失礼します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*