AKA(関節運動学的アプローチ)治療

AKA治療とは

AKA(エーケーエー)治療とは、施術者の手によって関節の機能を正常に復す結果、身体の痛みやしびれを改善する治療方法です。主に、二足歩行で負担のかかる骨盤を構成する関節(仙腸関節)をわずかな力で矯正することにより従来、骨の変形や椎間板の変性が原因とされてきた関節、筋肉などの痛みやしびれを解消します。

※AKAとはArthro Kinematic Approachの頭文字をとった略称で日本では関節運動学的アプローチといいます。

AKA治療による代表的な対象疾患

  • 脊柱管狭窄症 (数分歩くと足が痛くなるなど)
  • 椎間板ヘルニア(臀部から足にかけての痛みやしびれ)
  • 腰部疾患   (いわゆる腰痛、ぎっくり腰など)
  • 頸部疾患   (寝違い、手のしびれ、腕の痛み)
  • 変形性関節症 (軟骨のすり減りによる股関節痛、膝関節痛)

現在、施設により異なりますが腰痛の80%は仙腸関節にまつわる痛みであるといわれています。ただし、どんな痛みや痺れにも効果があるわけではありません。腫瘍による痛み、細菌による炎症のための痛み、骨折による痛みには当然ながら効果はありません。

なぜAKA治療をおすすめするのか

これまでの日本の関節治療はカイロプラクティックや整体、マッサージなど比較的強い刺激の治療が好まれて提供されてきました。しかし、関節への負担、治療による事故や副作用など安全面に不安を抱かれるようになってきました。そこで、注目を浴びたのが AKA治療です。

なぜ、AKA治療が注目なのか? それは…

  • 一般的な関節治療に比べ暴力的な力を加えず安全
  • 他の治療に比べ短時間(5分ほど)で効果がある
  • 腰痛の80%は、仙腸関節のAKAで改善することが分かってきた
  • 痛みとシビレの原因の多くが骨の変形や神経の圧迫でなく関節の機能障害である
  • 関節の機能障害を治す方法がAKA治療である

などの理由があったからです。

AKA治療の功績と問題点

AKA治療は多くの方々のからだの痛みやしびれの消失に貢献してきました。これほどまでの関節治療を築き上げた開発者の博田節夫先生には感謝の意を表しなければなりません。しかし、AKA治療にも様々な問題点が浮かび上がってきました。それはAKAの技術が難しく高度なテクニックが要求されます。従って習得には、正しい指導と非常に長い時間の経験と習熟が必要になります。ですから施術者によって治療の効果がバラバラで、安心で安定した治療効果が出ていないことも指摘されていました。

  • 施術するセラピストによっては 関節への刺激が違う(強く刺激し過ぎてしまう)
  • 術者によっては治療時間が長くなってしまう結果、副作用として症状の悪化が起こる
  • 治療効果が 長続きしない

当院では1991年(平成3年)より、直接博田先生にご指導いただき、日本AKA医学会なるものが出来上がる前から治療を施しております。その実績と経験では他院には負けない自負がございます。

AKA治療施術料

1回 4,000円 (学生3,000円)

※初診料は上記の施術料に+2,000円(前回の施術から6ヶ月以上期間があくと再診料+1000円がかかります)

※鍼治療を同時に行うと+2,000円(学割は適用外となります)